FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根県営水道及び水源の調査

私は、文教常任委員会に所属しているとともに、県民企業PTのサブメンバーでもあるのです。

その活動の一環として、箱根の県営水道及び水源の調査を行いました。

まず、神奈川県企業庁箱根水道営業所にて、色々とお話を伺いました。

箱根地区の水道は、町村営や民間企業によって沢水などを水源とした簡易水道などにより小規模に経営されていましたが、早川沿いの地元1町3村から強い要望や陳情を受け、県は昭和29年4月から仙石原・宮城野地区で箱根地方開発事業に着手するとともに、昭和29年10月に箱根温泉供給株式会社の水道施設を買収し、昭和30年1月から仙石原地区に給水を開始しました。

その後、観光施設や給水人口の増加等による水需要の拡大に対応すべく、大畑沢水源・滝沢水源の開発、品ノ木水源の買収等逐次水源開発を行い、さらに昭和41~46年度には水土野1号水源の開発を行った第1期拡充事業を、平成6~7年度には水土野2号水源の開発や水源間の相互運用を図るための第2期拡充事業を実施し、水源・配水地や管路の整備をしてきました。

さらに、平成15年~21年度には、クリプトスポリジウム対策として、イタリー水源及び品ノ木水源に膜ろ過浄水設備を、水土野水源に紫外線処理設備を整備しました。

このクリプトスポリジウムとは、水道水を媒介とした下痢等の症状を引き起こす菌で、平成13年の「水道水におけるクリプトスポリジウム暫定対策指針」の改正を受けて、県企業庁は「箱根地区小水源浄水処理改善計画」を策定し、上記のような設備を整えたのです。


(膜ろ過浄水設備)

IMG_0657_convert_20111025170417.jpg


(紫外線処理設備)

IMG_0653_convert_20111025170715.jpg


膜ろ過設備は設置費として10億円、紫外線設備は3億円かかったそうです。前者は膜を30分に1回洗浄をし、モジュールは年1回交換するそうです。また、後者は蛍光灯と同じ原理で点灯するランプを使用しています。こちらは1年~1年半で交換の目途だそうです。今注目のLEDの物を導入すると、省エネ、少コストに繋がるのではないかと思いました。担当者の方もそうあって欲しいとおっしゃっていました。
このように、私達のもとに安全な水が提供されるまで、徹底した除菌管理が行われているということは非常に勉強になりました。また、県が力を入れようとしている水ビジネスの根源を知る上でも、非常に収穫の多い視察となりました。しっかりと今後の県政に活かして参ります。


(水土野水源周辺の写真)

IMG_0650_convert_20111025172642.jpg
スポンサーサイト

討論(10月14日)

9月議会最終日、討論に立ちました。

議員として初めての登壇でした。討論では、「党の方針」「各常任委員会の模様」「会派の思い」「自分の思い」
などを原稿にし、演説を行うのです。

約3,000文字の原稿で、演説時間は約10分ではありましたが、私にとっては議会場での演説デビューとなりますので、かなりの力を注いで原稿を作り、演説を行いました。討論内容の3つの柱は、

◆黒岩知事の公約撤回について
◆公務員制度改革について
◆地方分権について

でありました。

感想から言いますと、非常に緊張しました!しかし、自分の全力は出せたと思っておりますので、後悔は全くしておりません。しかし、もちろん反省点もあります。もっともっと原稿を精査する必要があったと感じております。

近々、神奈川県議会のHPで録画したものが見れますので、是非とも皆様チェックしてみてください。3番手が私です。

http://www.kanagawa-pref.stream.jfit.co.jp/vod_play.php?CNTID=12505&PREVPAGE=%CC%E1%A4%EB

_IGP8133_convert_20111017000059.jpg

文教常任委員会(9月議会)

こんにちは。斉藤たかみです。

9月30日~10月11日の期間に、私の所属する文教常任委員会が行われました。

私は、「いじめ・不登校問題」や「被災地からの転入生の心のケア」について特に力を入れている議員でありますから、今常任委員会におきましても様々な質問をしました。

◆スクールカウンセラー派遣強化事業
◆スクールソーシャルワークサポーター事業
◆かながわスマイルウェーブ事業

上記3つの事業が、「いじめ・不登校問題」対策として計上されたものであります。これらの事業は言うまでもなく重要な事業でありますから、数多くの質疑を行い、しっかりと事業の効率を最大化させるよう当局側に強く要望しました。また、被災地からの転入生の心のケアや、ご家族のコミュニティーづくりにもしっかりと力を入れるよう併せて要望いたしました。

他にも、

◆県立高等学校の充実及び入学者選抜制度の改善
◆特色ある高校づくり推進事業費
◆県立学校図書館機能充実強化費
◆ビジネス支援図書館推進費
◆市立特別支援学校整備への県費補助について

など、今定例会9月補正予算で計上されているものほぼ全てに対し質問をしました。常任委員会ではなるべく県民の皆様にも分かりやすいように質問を校正しているつもりではあります。
もし、このブログをご覧になってもっと文教常任委員会の内容が知りたいと興味を持たれているかたがいらしゃったら私に気軽にメールをして下さい。

全ての質疑が終わった後は意見発表もし、私や会派の思いを強く主張しました。
今常任委員会で学んだことや力を入れたことを次回定例会にも活かして参ります。
プロフィール

斉藤たかみ

Author:斉藤たかみ
神奈川県議会議員(川崎市高津区選出)の斉藤たかみです。よろしくお願いいたします。

【最終学歴】
早稲田大学大学院政治学研究科修了

【所属委員会】
総務政策常任委員会
社会問題対策特別委員会
予算委員会(理事)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。