FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災警察常任委員会(警察関係)【2月29日】

防災警察常任委員会(警察関係)【2月29日】

<質疑内容>

◆犯罪インフラ撲滅対策について

2019年ラグビーワールドカップ・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、治安対策の推進は急務です。
重大な犯罪に繋がりかねない犯罪インフラの撲滅対策について質疑を行いました。

・犯罪インフラとはどのようなものか
・犯罪インフラに該当するものについて
・犯罪インフラ撲滅対策の推進体制について
・犯罪インフラの検挙状況
・犯罪インフラを生まないための環境づくりについて
・行政機関との連携について
・空き部屋を悪用した犯罪の発生状況について
・空き部屋がどのように悪用されているのか
・一戸建ての空き家の悪用実態について
・空き家を含めた空き部屋対策について

犯罪インフラ撲滅は非常に重要。今後も県として関係機関との連携を密にし官民一体となった諸対策を推進するよう求めました。

◆覚せい剤事犯の現状について

元プロ野球選手が覚醒剤取締法違反で逮捕されたことは世間に大きな衝撃を与えました。覚醒剤のない社会づくりのため、本県の同事犯の現状について質疑を行いました。

・全薬物事犯に占める覚醒剤事犯の割合について
・覚醒剤の薬理作用について
・覚醒剤の押収量と末端価格について
・覚醒剤の1回分の使用量と使用方法について
・覚醒剤の密売方法について
・覚醒剤を含めた警察の違法薬物対策について

県民の安全・安心の向上のため、より一層の薬物関連事犯への対策を強化するよう求めました。

防災警察常任委員会【安全防災局関係・12月11日】

防災警察常任委員会【安全防災局関係・12月11日】

◆地域の「防犯力」を高める取組について

・地域の防犯力を高める取組について
・神奈川県犯罪のない安全安心まちづくり推進委員会について
・推進協議会での取組について
・今年度の重要テーマ「子どもの犯罪被害防止について」
・地域での防犯人材の育成について
・防犯指導者養成セミナーについて
・防犯活動団体の取組と支援について
・子ども自身の防犯意識の向上について
・子どもの安全・安心のための県警察との連携について

決算特別委員会【10月19日~11月10日】

決算特別委員会質疑内容【10月19日~11月10日】

<企業庁決算>
◆県営水道の水道料金収入について(10月22日)
◆水道管の維持管理について(10月22日)

<一般会計決算>
◆総務費:公営競技収益配分金等管理会計について(10月26日)
◆教育費:教職員以外に学校で雇用している方々について(10月28日)
◆総括質疑:県債のあり方について(11月6日)

防災警察常任委員会【10月9日・両局合同】

防災警察常任委員会【10月9日・両局合同】

◆国民保護の取組について

・自主防災組織などへの普及啓発について
・国民保護に関する研修について
・その研修の参加人数について
・危機管理フォーラムについて

防災警察常任委員会【10月1日・安全防災局関係】

防災警察常任委員会【10月1日・安全防災局関係】

◆国民保護の取組について

・来年1月に相模原市で実施する国民保護訓練について
・国民保護訓練について
・化学テロを想定した経緯について
・図上訓練と実動訓練との違いについて
・本県で行われた図上訓練の回数について
・図上訓練の内容について
・実動訓練にかかる費用について
・関係機関との連携について
・関係機関との調整の手法について
・関係機関との連携の今後の方向性について
・化学テロ発生時の対応について
・国民保護の取組強化について

防災警察常任委員会【9月29日・警察本部関係】

防災警察常任委員会【9月29日・警察本部関係】

◆犯罪抑止対策について
・県内刑法犯認知件数の推移について
・犯罪抑止対策について
・社会情勢の変化に対応した犯罪抑止対策の具体例について
・公園での防犯カメラ設置について
・県民の防犯カメラに対する意識について
・防犯カメラの設置促進について
・犯罪情報の発信について
・犯罪抑止対策の今後の方向性について

◆危険ドラッグの現状と対策について
・県内における本年の危険ドラッグの取り扱い状況について
・健康被害の認知件数について
・危険度ドラッグに関連した検挙人員・罪種・年齢層について
・危険ドラッグの危険性についての周知について
・関係機関との連携について
・今後の危険ドラッグ対策に向けた取組について

代表質問【9月11日】

【代表質問】

私自身として3度目となる代表質問に登壇いたしました。内容は以下の通りです。

◆地方分権改革の推進について
◆財政健全化施策について
・地方法人税の撤廃に向けた取組について
・臨時財政対策債の問題点と県債の発行抑制について
◆地域経済の活性化について
・経営革新支援制度の活用による中小企業の活性化について
・大型店と商店街との連携による地域商業の活性化について
◆小中一貫教育について
◆国際的な大規模イベントに対応した国民保護の取組について
◆犯罪抑止対策の方向性について

防災警察常任委員会【5月21日】

防災警察常任委員会【5月21日】

◆箱根火山対策の広報や情報受伝達について

①避難指示などの情報伝達の仕組みについて
②先日の警戒レベル2引き上げ時の情報伝達について
③テレビ会議システム設置の経緯について
④温泉地学研究所のホームページについて
⑤県ホームページの特設ページ・フェイスブック・ツイッターのアクセス数について
⑥効果的な情報伝達を行うための今後の取組について

<要望>
今日は多くの県民や観光客の皆様に、正しい情報を見てもらうための取組について伺ってきた。今はマスコミはじめメディアで多く取り上げられ、関心も高いが、肝心なことは、正確で丁寧な情報発信を持続していくことと考える。
今後も、人的被害ゼロ・風評被害ゼロを目指して、正確で丁寧な情報発信に、しっかりと取り組んで頂くよう要望する。

予算委員会【3月6日】

昨日、予算委員会の日程が終了いたしました。今年度、私は理事という大役を仰せつかり色々と勉強をさせていただきました。
ちなみに私は3月6日(金)に質疑を行いました。質問項目は以下の通りです。

◆地球温暖化対策について

・世界の動きと国の方針について
・本県の取組について
・環境基本計画の進捗状況の点検について
・本県のエネルギー政策の方向性について
・地球温暖化対策に対する本県の基本認識について

質疑の模様は3月21日(土)の18時30分からテレビ神奈川(3ch)で放送される予定ですので、お時間がございましたらご覧になってみて下さい

防災警察常任委員会(安全防災局関係)【3月3日】

防災警察常任委員会(安全防災局関係)【3月3日】

◆犯罪被害者等の支援について

・犯罪被害者等について
・かながわ犯罪被害者サポートステーションの運営状況について
・同施設の活動内容について
・これまでの相談件数と支援件数
・支援の件数が増加している者について
・法律相談について
・サポートステーションの広報について
・県民の理解を深める取組について
・犯罪被害者週間について
・かながわ性犯罪・性暴力ホットラインについて
・ホットライン運営における人材について
・ホットラインの広報について

本県では犯罪被害者等への支援の充実を図っていることは承知しておりますが、どのような取組であってもそれが県民に知られていなければ意味がないと考えます。また、被害者の方々が二次被害を受けることがないよう県民の理解を深める取組についても充実を図るよう要望いたしました。
プロフィール

斉藤たかみ

Author:斉藤たかみ
神奈川県議会議員(川崎市高津区選出)の斉藤たかみです。よろしくお願いいたします。

【最終学歴】
早稲田大学大学院政治学研究科修了

【所属委員会】
総務政策常任委員会
社会問題対策特別委員会
予算委員会(理事)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。